ポイマンドレース (ヘルメス選集 I)

内容區分

  1. 幻――ポイマンドレースの出現 (1~3)
  2. 啓示 (4~26)
  3. 宣教 (27~29)
  4. 頌榮 (30~32)

1

ある時私の中で、(眞に) 存在するものについての考察が始まり、考察の力が甚だしく高まり、食事に滿腹したり身體が疲れて眠りに引きずり込まれる人のやうに、身體の諸感覺が停止した時、そこに誰か途方もなく巨大な人が居合はせて、かう話しかけながら私の名を呼んでゐるやうに思はれた。

2

私は言ふ、

彼が言ふ、

3

私は言ふ、

また言つた、

彼が再び私に言ふ、

4

かう言ふと、彼は姿を變じた。と、たちまちにはかにすべてが私の前に開けてゐた。私は測り知れぬ眺めを見る。そこに生じてゐるすべては光であり、(その光は) 美しく、喜ばしく、見てゐるうちに私は愛を抱いた。それから暫くすると、闇が垂れ下り、部分部分に分れ、恐ろしく、嫌惡を催すものとなり、曲りくねつて擴がり、私には「蛇」のやうに見えた。それから、闇は濕潤なフュシスのやうなものに變化した。それは名状し難いほどに混沌とし、火のやうに煙を發し、言ひ表はすことのできない、哀訴の叫び聲のやうなものを發してゐた。それから、何を言つてゐるのか分らないが、火の音のやうな叫びがフュシスから出てゐた。

5

さて、光から「……」聖なるロゴスがフュシスに乘つた。すると、純粹な火が濕潤なフュシスから出て上へと立ち昇つた。その火は敏捷で輕快であり、同時に活溌であつた。また、空氣(アエール) は輕かつたので靈氣 (すなはち火) に續いて行つた。すなはち、空氣が土と水を離れて火の所にまで昇り、あたかも火からぶら下つてゐるかのやうだつたのである。ところで、土と水は互ひに混り合ひ、「土は」水から見分けることができないほどであつた。それ (混り合つたもの) は、覆つてゐる靈的ロゴスに聞き從ひ、動いてゐた。

6

ポイマンドレースが私に言ふ、

そこで私は言つた、

彼が言つた、

私は言ふ、

私は言つた、

7

彼は長い時間、かうしたことを語りながら私を凝視してゐた。それで、私は彼の相貌に震へ上つた。しかし、私はたぢろぎながらも自分の叡智(ヌース) の内に見た、――それは光が無數の力から成り、世界(コスモス) が無際限に擴がり、火が甚だ強い力によつて包まれ、力を受けつつ序列を保つてゐる樣である。私はポイマンドレースの言葉によつてこれらのものを見、思ひをめぐらせた。

8

さて、私が吃驚してゐた時、彼は再び私に言ふ、

このやうにポイマンドレースは私に語つたのである。

私は言ふ、

これについて彼が再び語つた、

9

10

11

12

13

14

15

16

その後に (私は言つた) 、

するとポイマンドレースが言つた、

その後に (私は言つた) 、

しかし、ポイマンドレースは言つた、

私は言つた、

17

18

19

20

私は言つた、

21

私は言ふ、

かうポイマンドレースは語つた。

私は言つた、

22

23

24

これについてポイマンドレースは語つた、

25

26

27

これらのことを告げると、わがポイマンドレースは諸力と一つになつた。私は自分のすべてなる父に感謝し、讚美した後、力を受け、萬有(ト・パン) の本性(フュシス) と最も偉大な眺めとを學び受けて、彼から遣はされた。そこで、彼は敬虔(エウセペイア) と認識(グノーシス) との美しさを人々に宣(の) べ始めたのである。

28

すると、聞いてゐた人々は心を一つにして集まつて來た。そこで私は言ふ、

29

それから、彼らのある者はからかひながら去つて行き、死の道に身を開け渡したが、別の者は私の足下に身を伏せ、教へを請はうとしたのであつた。そこで私は彼らを起こし、(人間(アントローポス) の) 種族の道案内となり。どのやうにして如何なる樣で救濟されるかについて教へを語り、人々に智慧の言葉を蒔いたのである。人々は不死の水によつて養はれた。それから夕方になつて、太陽の輝きがすつかり沈み始めたので、私は人々に神に感謝するやう命じた。それで人々は感謝の勤めを果たし、それぞれ自分の家路に着いた。

30

私はポイマンドレースの慈しみを心に刻んだ。そして、望んでゐたものを滿たされて、歡喜にひたつた。なぜなら、身體の眠りが魂の目覺めとなり、肉眼を閉ぢることが眞の開眼となり、私の沈默が善を孕むものとなり、言葉を出すことが善行の實を結ぶこととなつたからである。これが私に起こつたことなのである。それは私が自分の叡智(ヌース) 、すなはちポイマンドレース、絶對のロゴスから受けたものである。私は神の眞理の靈に滿たされて (ここに) 至つたのだ。だから全靈、全力をもつて父なる神に頌榮を獻げる。――

31

32

参考資料

底本
新井献+柴田有訳『ヘルメス文書』(1980年、朝日出版社(ISBN:4-225-80040-5))
参考
柴田有著『グノーシスと古代宇宙論』(1982年、勁草書房(ISBN:4-326-10053-2))
Poemandres, the Shepard of Men (英譯)
SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO